2015年06月04日

三瓶演習林にて森林立地学実習を行いました

昨日、三瓶演習林では、森林立地学実習のプログラムの一つ「土壌物理の実習」が行なわれました。森林学教育コース3年生対象の実習です。

担当は、橋本哲准教授、山下多聞准教授でした。

三瓶演習林獅子谷団地で、土壌断面を作成し、その断面から土壌の物理構造を調べました。土性、土色、含水率などを調べます。
写真は断面を見るために土を掘っているところです。
20150603立地学実習.jpg


また、断面を掘らずに、貫入試験器を使って調べることもしました。(こちらは写真はありません…)

次回の森林立地学実習では、また三瓶演習林にて、スギ人工林の地下部バイオマスについて調べます。


ラベル:三瓶演習林 実習
posted by 島根大学演習林 at 10:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック